高圧給油式(水冷)ハイブリッドコンプレッサーSP-IP SERIES

型式:SP-110W-IP

インバーター制御で省エネルギーを実現する、新型ハイブリッドコンプレッサー。

無限の可能性を感じさせるTANABEハイブリッドコンプレッサー

スクリュウ式とレシプロ式のコンプレッサーを組み合わせたことにより、
高圧力のコンプレッサーでありながら、低騒音、低振動、高効率を実現しました。

HYBRID Compressorのチャート

可変容量運転

  • ●必要な空気量だけをつくります。

    消費する空気量に変動が発生しても、インバーター制御によりモーターの回転数を変動させることで空気量を調整します。

  • ●必要な圧力だけをつくります。

    インバーターで圧力を一定に制御することができます。

可変容量運転状況のグラフ

空気の消費を数秒単位で変動させても、インバーター制御により
空気量を調整し圧力を一定に保ちます。

*空気の消費量が数秒単位で変動

電力波形の比較(60%負荷時)のグラフ

可変容量運転により、『[ロード]ー[アンロード]』の分だけ、
電力量が削減できます。

ロード中-アンロード中=省エネ量

将来的なコスト比較

可変容量運転により電力量を削減するため、
長期的なコストの削減につながります。

消費電力比較 年間コスト比較

世界最高効率のスーパープレミアムモーター搭載

世界最高効率のスーパープレミアムモータートップランナーモーター(IE3)より、さらに省エネルギーのスーパープレミアムモーター(IE4)を搭載。
圧縮機用の両軸スーパープレミアムモーターの採用は当社が
世界初です。

※ 当社調べ

タッチパネルモニター採用

■メイン画面。▲稼働状態やアラーム等、機器に関する情報や操作を1画面に集約したことにより、操作性が大幅にアップしました。 ■運転状況画面▲構成部品や電装品、オイル等の状態が確認できます。 ■消耗部品交換時間▲各消耗部品の交換サイクルが確認できます。
  • データ保存

    パネルに表示されているデータはCSV形式へ出力して運転管理に活用できます。(CSVファイルはUSBメモリへ保存できます)

  • パソコンで閲覧

    パネルに表示されるデータはパソコンで閲覧できます。パソコンで運転状況が分かるので、自席にいながら圧縮機の稼働状況が分かります。

多様なオプション

ユーザーの用途に合わせた空気をつくるため、様々なオプションをご用意しています。

装置
■台数制御盤
当社オリジナル台数制御盤(TASKELCO)は高圧コンプレッサーであっても複数台のコンプレッサーの制御が可能です。
■エアータンク
当社系列の圧力容器専門メーカで製作した、信頼性の高い圧力容器です。鉄製容器のみならず、ステンレス製、メッキ加工なども対応いたします。
■エアドライヤ
冷凍式ドライヤ(圧力下露点+10℃)、吸着ドライヤ(大気圧下露点-60℃)の各種ドライヤを提供できます。
■エアフィルタ
ろ過度の異なるフィルタを連結し、ダストは0.01μm以上を除去、油分は0.01PPMw/w以下の空気を提供します。
■ドレン処理装置
コンプレッサーから発生するドレン水を5ppm以下に処理する装置です。

SP-IP SERIES要目表 SP-IP SERIES主要寸法